Home > Blog

Blog

M3 2016春情報

しがないよにん神戸

早いもので2016年もそろそろ1/3ですか...。
今回は今週日曜日にあるM3 2016春の告知です。

まずはSHIGANAI RECORDS。今回は「しがないよにん神戸」という映像DVDがリリースされます。
今年の2月に大阪であった「mikoさんがいっしょ」に参戦した時の、次の日の神戸観光がメインとなった映像作品となっております。
最近の「ろくろ」や「くいだおれ」みたいなエンタメ感あるモノとは違った、最近あまりなかったまったり観光ムードになっております。要所で観光情報なんかも入れてますので、神戸に行かれる時のご参考にでもなれば...などとはそんなに思ってないですが。

それと、映像友達のiimoさんが主催する映像素材集「patchwork_04」の方にも作品を出させていただきました。01以来の参加なので、結構久しぶりな感じですね。
ほかの映像制作者たちの作品を見てるとちょっとレベルが違うので肩身が狭いですが、AfterEffectsに頼らずAnimateで作った古き良きベクター感ある素材にしましたので、使えるもんなら使ってみやがってください。
イベントとかのオープニングなどのカウントダウンには使えるんじゃないかとは思うの。

以上です。
私は明日から2日ほど西の方に旅行に行ってるので、当日は残念ながら参加できないのですが、行かれる方はぜひこちらをお求めいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

同人作家・フリークリエイター向け確定申告パッケージ「dojin.tax」のサイトを制作しました。

クリエイター・同人作家向け確定申告プラン「ドージン・ドット・タックス」

そろそろ確定申告の時期ですね。みなさんは進捗いかがでしょうか。
私はつい昨日申告書を税務署の方に投函してまいりました。

金勘定が嫌いなクリエイターにとっては、収支の管理とか超絶めんどくさいですし、何より専門の勉強でもしてない限りは、計算間違いとか起こしちゃったら色々厄介なことこの上ないです。
そこで、私の友達のなるがみさんと、この度お知り合いになった税理士の水村さんといっしょに、同人作家・クリエイター向けの確定申告パッケージのサイトを立ち上げさせてもらいました。
(企画したのは自分じゃないけど。)
(あとイラストも自分じゃないけど。)

なんといっても税理士さんが同人関係にお詳しい方なので、同人関係の色々アレなソレもいい感じに対応していただけるはずです。
特に同人作家さんは確定申告や納税についてあまり詳しくなかったり(あるいは一部の悪人は意図的に脱税したり)するので、これを機会にきちんとやっておいた方が後々損しないでいいと思います。納税は大事です。ホントに。
「ドージン」と銘打ってはいますが、同人作家のみならずフリーランスのデザイナーさんやクリエイターさんも安心していただけると思います。
ライトプランは早速定員に達してしまったようですが...。

あ、一応デザイナーらしいコメントしておくと、背景のグリッドやドットパターンは全部画像ではなくCSSで書いてあります。最近のCSSは表現力が高くて楽しいですね。

以上、よろしくお願いします。

神田明神で厄払いをしてもらいました

  • Posted by: カギ
  • 2016/02/23 22:00
  • Blog | Diary

最近このブログの過去ログがハッキングされていることに気が付きました。
早く新しく作りなおさなきゃと思うんですが、時間が欲しい...。

さて、今回はフツーの日記です。
先週の土曜日に、例のチーム我等達等のみんなと、神田明神で厄払いをしてきました。
2015年夏以降~2016年にかけて、みんなあまりに悪い出来事にぶち当たりすぎだということで、ここはやはりきちんと厄を払ってきたほうがいいのではないかということになったのでした。
実はこれも本当は1月下旬にやる予定だったんですが、その時急な仕事や法事、体調不良などまるで狙いすましたかのように厄が畳み掛けてきたので、この時期までずらしていたのでした...。

で、肝心の当日も大雨。
前後1週間は快晴の予報だったのにこの日だけ雨になったのはやはり何がしかの力が我々を妨害していたに違いない...。

16時半に開始だったのですが、集合が15時半だったので、その時間通りに来てたメンバーはヒマを持て余して...というか雨と寒さに弱って、参道のふもとの甘酒屋に退避したのでした。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

こちらが甘酒とおまんじゅう。甘酒なんて何年ぶりに飲んだだろうか...。甘酒は甘さも強くなくほんのりとした味わいで、体の芯からあったまりました。おまんじゅうも粕の風味で美味しかったです。
そうこうしてる間に遅れてきた人たちも合流したので、明神に向かいました。

4時半に社務所に入って受付をし、お祓い料(7000円)を払って広間に向かいます。
なにやら既に式の進行についての説明が行われていて、途中から入ってきた形の我々は若干混乱気味です。
そしてすぐに厄払いの儀式の開始。まずは広間から移動せずに儀式。
この時参加者全員で読経(?)をしたのですが、渡された文章のうちどれを読んでいるのかわからずしばらくそれを探して時間を取られました...。多少飛ばしたからといって利益がなくなるなんてことはないよね...?

広間での儀式が終わったら、今度は本殿に移動して儀式です。
この時には神主さんがちゃんと私も含め参加者全員の名前を挙げてお祓いをしてくれます。
この時雅楽がライブで演奏されていたのですが、あまりに音が整いすぎてててっきりCD音源で流しているのかと思いました。ゴメンナサイ。 その後は全員で榊の葉を奉じて二礼二拍手一礼。終了です。

その後、記念品として

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

これだけのものをいただきました。実は他にも神棚に置く用のお盆も入ってます。
厄払いに7000円たぁ、さすが神田明神は商売の神様ですなぁと思っていた(不謹慎)のですが、厄も払ってもらって更にこれだけたくさん記念品をもらえたなら、7000円なら安い気がする...。
コレを読んでる人の中でもし厄払いとか行ったことがない方がいるなら、一度行ってみると面白いかもしれません。いい社会勉強になりました。

その後は今年の活動方針の打ち合わせを行った後、時間の有る人たちで大新年会(今更)へ向かったのでした。
いやしかし、今年はホントいい年になって欲しいなぁ...。

「mikoさんがいっしょ」に参戦します。

えーと、直前の告知になってしまいましたが、2月13日の土曜日に大阪の雷神というハコで「mikoさんがいっしょ」というライブイベントを、また例のしがない人たちとやりに行きます。
上記の通り、結構挑戦的な内容(というかまかりなりにもイベントでこんなことやっていいのか)のライブなので、正直我々にもどんなイベントになるか全くわかりません!
まさにお客様といっしょに作り上げていく感じになると思うので、参加される方はぜひよろしくお願いします!
ちなみに当日券もありますので、13日の予定何もなくて暇だなーっていう方はぜひ遊びに来て下さい!

さぁ、今回の関西遠征はどこに遊びに行こうかなー!

1/16~17 突発京都観光取材旅行~2日目

  • Posted by: カギ
  • 2016/01/21 23:00
  • Blog | Diary

2日目の日記です!

2日目(1月17日)

寝たのは12時過ぎくらいだったのに何故か起きたら9時半という...。
冬場はいつもそうなんだけど睡眠時間が長くなって困る。
チェックアウトは11時だったので、ダラダラ準備して10時半くらいに出発しました。

この日はまずは今まで行ったことなかった嵐山方面に突撃。
正直どんなところなのか一切下調べしなかったので、これで何もなかったらどうするつもりだったんだって感じですが。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

JR京都駅から山陰本線に乗って嵯峨嵐山駅で下車。
なんかトロッコ列車なるものが走っているらしいのですが、

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

冬場は運休でした。ざんねん。
そもそも京都って冬にあんまり行く感じのところでは無い気がする。雪が降ったとかならまだしも。

まぁとりあえず気を取り直して嵐山の方面に歩いて行くと、渡月橋のすぐ近くに「よしむら」というお蕎麦屋さんを見つけました。
ネットで調べてみると、なかなか評判の良いお店の模様。ちょうどお昼時だし、と思って入ってみることにしました。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

2階の窓際の席に案内されました。
大きくガラス張りになってて非常に見晴らしがいいです。この時点で既に混んでいたのですがこの席に座れたのはラッキー。
今回はちょっと見栄張って天そばを頼んでみることにしました。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

滋賀県産のそば粉を2:8で使ってるとのことでしたが、今までに食べたことのない風味のおそばで非常に美味しかったです。ちりめんごはんもついて大体2000円くらい。旅先の贅沢っていいもんですね。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

腹もふくれたタイミングで渡月橋を渡ります。しかし風情のある橋ですね。
渡った先ではオルゴール館があったり旅館があったり、旅情のただよう古風な町並みになります。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

で、嵐山モンキーパークとかいうのを発見しました。まぁおさるさんがいるんだろうなと思って、ちょうど今年は申年だし縁起担いでちょっと行ってみることにしました...が、目的のモンキーパークまでは20分ほど軽く登山をしなければならないのでした。結構傾斜はキツイし予想以上にしんどかったです...。

15分ほど登って目的地が近づいてくると、道の脇の方でサル同士がケンカしてるのを発見しました。
なかなか熾烈な争いでしたが、最終的には片方が木の上に逃げていって勝負が決した感じです。
そうしてなんとか目的地までたどり着きました。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

とてもいい絵が撮れました。
このモンキーパークのサル達は当然の事ながら人馴れしているので、人の足もとだろうとのしのし歩き回っています。
とはいえ、サルは本来の性質として結構気性が荒く、目を合わせると思いっきり敵意を向けられるらしいので、目を逸らしながら写真を撮るのがちょっと大変でした。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

目さえ合わせなければこれくらい近づいても大丈夫です。
子供を抱く母サルなんかも結構いて、ほのぼのしましたね。

あと、モンキーパークには休憩小屋があって、そこでサルのエサを買って窓越しにエサを与えることができます。
ちょうどどこかのTV局が取材中だったらしく、カメラさんが私のすぐ近くにいた外国人の女の子がエサをやってるところをじっと撮影していました。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

モンキーパークで縁起をかついだところで、今度は嵐電嵐山駅方面に向かいます。
嵐電は路面電車と聞いていたので、てっきりその駅もこぢんまりとしたものなのかなと思ったら、予想以上に華やかな出で立ちでびっくり。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

こちらは嵐電嵐山駅のエキナカにあった着物の回廊という小路。
さまざまな柄の着物の生地が、ケースに入れられてとても綺麗でした。すごいです。取材し放題です。
夜にはライトアップもされるみたいな噂を聞いたんですが、さぞ雰囲気が出るんだろうなぁ。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

やってきました嵐電の路面電車。メルボルンのトラムを思い出すなぁ...懐かしい。運賃は定額で200円。今度はコレに乗って車折神社というところに向かうことにしました。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

嵐電嵐山駅から3駅ほど。駅を出たらすぐのところにある車折神社。名のある儒学者である清原頼業公を祀った神社です。ここでは学問のご利益はもちろん、「約束を違えないこと」を守るという、ちょっと物珍しい利益があるそうです。つまり、商売では契約を破られることなく円満にうまくいき、恋愛でも男女の誓いが末永く守られるという、いろんな方面で役に立つ感じの利益ですね。

それと、この車折神社の敷地内に「芸能神社」という神社もありました。昭和32年に創建された比較的新しい神社のようで、天宇受売命(あめのうずめのみこと)という神を祀っているそうです。
びっくりするのが神社を囲う玉垣の数で、びっしり隙間なく立てられている中に、名だたる芸能人たちの名前がずらりと書いてありました。ももクロZ、EXILE、果ては水戸黄門一行というものまで...。今活躍している芸能人の中でここを訪れてない人はいないんじゃないかというくらいで圧倒されました。
ここに来た時には、好きな芸能人が玉垣奉納してないか探してみるといいかも。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

車折神社を出て市街に戻った時はもう夕方近くなり、神社や寺も閉門し始める頃。あともう1箇所くらい行ける所ないかなと思ったので、その時比較的近かった八坂神社にまた行ってみることにしました。割とここには来る頻度が多いですね。
ただ今回はおもいっきり神社の装飾などの取材に専念しました。最近XperiaZ5を使っているんですが、このカメラホントにすごい。ズームしてもかなりくっきり撮れて、これだけでも替えた価値はあるなと。
話がぜんぜん違う方向にそれてしまいましたが、最後にはきちんとお参りもして、京都駅に帰ることにしました。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

先に東京行きの指定席を買っておいて、時間まで夕飯と買い物をすることにしました。
写真は地下街の「こなな」という京風パスタのお店で食べた湯葉とたけのこのパスタ。うーん、味がほんのりしすぎてて、もうちょっとパンチが欲しかったかも? とはいえおいしくいただきましたが。
しかし、この2日間麺類しか食ってないのはどうなんだろうか...。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

7時過ぎに新幹線に乗り込んで今回の旅は終わり。
なんだか半分取材旅行になっちゃいましたが、それもいいでしょう。ひさしぶりに関西方面に遠出ができて楽しかったです。あらためて切符をプレゼントしてくれた友人一同には感謝ですね。何故片道だけなのかと問い詰めたくはあったけど。

次はどこに行こうかなぁ。今年は中国・四国のあたりを旅行してみたいですね。

Page Top