Home > Blog > | Diary > 神田明神で厄払いをしてもらいました

神田明神で厄払いをしてもらいました

  • Posted by: カギ
  • 2016/02/23 22:00
  • Blog | Diary

最近このブログの過去ログがハッキングされていることに気が付きました。
早く新しく作りなおさなきゃと思うんですが、時間が欲しい...。

さて、今回はフツーの日記です。
先週の土曜日に、例のチーム我等達等のみんなと、神田明神で厄払いをしてきました。
2015年夏以降~2016年にかけて、みんなあまりに悪い出来事にぶち当たりすぎだということで、ここはやはりきちんと厄を払ってきたほうがいいのではないかということになったのでした。
実はこれも本当は1月下旬にやる予定だったんですが、その時急な仕事や法事、体調不良などまるで狙いすましたかのように厄が畳み掛けてきたので、この時期までずらしていたのでした...。

で、肝心の当日も大雨。
前後1週間は快晴の予報だったのにこの日だけ雨になったのはやはり何がしかの力が我々を妨害していたに違いない...。

16時半に開始だったのですが、集合が15時半だったので、その時間通りに来てたメンバーはヒマを持て余して...というか雨と寒さに弱って、参道のふもとの甘酒屋に退避したのでした。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

こちらが甘酒とおまんじゅう。甘酒なんて何年ぶりに飲んだだろうか...。甘酒は甘さも強くなくほんのりとした味わいで、体の芯からあったまりました。おまんじゅうも粕の風味で美味しかったです。
そうこうしてる間に遅れてきた人たちも合流したので、明神に向かいました。

4時半に社務所に入って受付をし、お祓い料(7000円)を払って広間に向かいます。
なにやら既に式の進行についての説明が行われていて、途中から入ってきた形の我々は若干混乱気味です。
そしてすぐに厄払いの儀式の開始。まずは広間から移動せずに儀式。
この時参加者全員で読経(?)をしたのですが、渡された文章のうちどれを読んでいるのかわからずしばらくそれを探して時間を取られました...。多少飛ばしたからといって利益がなくなるなんてことはないよね...?

広間での儀式が終わったら、今度は本殿に移動して儀式です。
この時には神主さんがちゃんと私も含め参加者全員の名前を挙げてお祓いをしてくれます。
この時雅楽がライブで演奏されていたのですが、あまりに音が整いすぎてててっきりCD音源で流しているのかと思いました。ゴメンナサイ。 その後は全員で榊の葉を奉じて二礼二拍手一礼。終了です。

その後、記念品として

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

これだけのものをいただきました。実は他にも神棚に置く用のお盆も入ってます。
厄払いに7000円たぁ、さすが神田明神は商売の神様ですなぁと思っていた(不謹慎)のですが、厄も払ってもらって更にこれだけたくさん記念品をもらえたなら、7000円なら安い気がする...。
コレを読んでる人の中でもし厄払いとか行ったことがない方がいるなら、一度行ってみると面白いかもしれません。いい社会勉強になりました。

その後は今年の活動方針の打ち合わせを行った後、時間の有る人たちで大新年会(今更)へ向かったのでした。
いやしかし、今年はホントいい年になって欲しいなぁ...。

Page Top