Home > Blog > オーストラリア滞在記

オーストラリア滞在記

豪州滞在記:94日目~ハイドパークの写真展

最近勉強がキツくてヒィヒィ言ってます。
ごぶさたしております。

日曜日の日記なのですが、シティの図書館で勉強した後、ハイドパークに行ってみたら、なにやら写真展をやっていたので、散歩がてらソレを見てきました。


「ART & ABOUT」。シドニーに住む人たちの姿を写した写真展のようです。


こちらは案内テキスト。


こんな感じで公園の道の脇にでかでかと展示されています。なかなかの迫力です。


風刺っぽい雰囲気ですが。ファーストフードはほどほどにしましょう。


山を登った女性。力強さを感じます。


今時の若者。


マーティンプレイスで携帯の写真を見る3人のシク教徒だそうです。衣服も自分たちの着てるものとは大分違いますね。


田舎の農家のおばあちゃんの写真。どことなくノスタルジックな感じです。


荒野を駆ける軍隊。


広告+実際の風景。こういうだまし絵的な写真は個人的にツボです。


ゲイカップルへの結婚の権利を求めるデモ行進の様子。女性の掲げるカードには「彼らにウェディングケーキを食べさせてあげて」と書かれています。
もし日本で同じ事をやったら、ここと同じようにデモ行進を認められ尊重されるでしょうか。


この写真は本当にシドニーなんだろうか・・・。
いろんな国、文化、宗教を認めるのがオーストラリアのいいところです(って説明書きに書いてあった)。


今時の家庭。携帯電話でどんなところとも繋がったけど、誰もお互いに話をしてはいないねっていう写真。うぅむ、パンチが効いている。


うさぎのぬいぐるみ。どことなくユーモラス。


街を背景に宙返りする青年。気持ちよさそう。


おばあちゃんと猫。いいツーショット。

既に訪れた場所でも、こうして何か催しが行われているかもしれないので、たまには今まで来たところをぐるっと巡ってみるのも面白いかもしれません。

当たり前といえば当たり前ですが、オーストラリアにはホントにいろんな国からいろんな人が訪れて、住んでいるんだなぁと再認識しました。上でも書きましたが、いろんな言葉、文化、宗教を受け入れるオーストラリアのスタンスは個人的には好きですし、これからはどこもそんな感じになっていくんじゃないかなぁと予感しています。
日本は全然まだまだですが、いずれはここと同じように、いろんな人たちがいろんな生き方をする国になるんじゃないかなと思うし、そうなったほうが面白そうだなと思っています。いつになるかはわかりませんが。

豪州滞在記:89日目~ビリヤードと新学期


昨日は友達に誘われて、シティのホテルまでビリヤードを打ちに行きました。
詳細を聞かずに二つ返事で参加するって言ったので、なんの集まりなのかはわからなかったのですが、友達のエージェントで月一で開催しているビリヤード大会だったのことで。
球を突くのは久しぶりでしたが、 最初のうちは結構狙い通りに打てて調子が良かったです。ただ、ラストの方になってくると集中力が切れてきて打っても全然入らない・・・。でも、やっぱりビリヤード楽しいですね。たいていのパブには台が置いてあるので、オーストラリアにいる間練習してみようかしら。

そういえば、この日曜日からサマータイムが始まりました。おかげで日本との時差が2時間になります。日本側と連絡することの多い自分に取っては結構都合の悪い制度・・・。

画像はこの日の夜7時くらいのシティの写真です。まだ春なのに空が明るい。話によると、夏至になると夜9時にやっと真っ暗になるくらいだそうです。なんか得した気分になるのは自分だけだろうか。

閑話休題。ビリヤードが終わった後はエージェントの事務所に行って参加者みんなで打ち上げ。
いろんな人たちと初対面でしたが、やっぱり話を聞くと目的や境遇は人それぞれのようで。既に学校を卒業してファームで働いてる(働いてた)人もいれば、こっちに来ていきなり仕事を見つけて頑張っている人もいたり。様々な話を聞けて色々刺激的でした。やっぱり同じオーストラリアにいるもの同士、仲良くしたいですね。

で、今日の話ですが、今日から新学期がまた始まりました。
今タームが自分の最後のタームとなります。早いものだ・・・。

以前の日記にも書いた通り、今回はIELTSクラスを取りました。が、授業のスピードが早すぎてついていくのに必死・・・というかついていけない。噂には聞いてはいたけど、まさかこれほどとは。前のUpper-Intermediateで一緒のクラスだった他のみんなも、相当必死な感じがします。
特にやっぱりスピーキングがかなり辛いところ。他のヨーロッパ出身のクラスメイトは発音や文法のミスはあれ、スラスラとしゃべっているのに、自分は結構考え込んだり言葉を選んだりして、なかなかうまく話すことができません。まぁ、慣れてないトピックだというのもあるんですが、言い訳は無用。せっかく選んだ以上、なんとしても最後まで食らいつく気合でなんとか頑張ろうと思います・・・。

豪州滞在記:79日目~クイーン・ビクトリア・ビルディング

土曜日の日記になります。
実は来週の火曜日にテストがあるので、それのテスト勉強をしに、シティの図書館まで行って来ました。何でボンダイジャンクションの近くの図書館じゃないのかって言うと特に意味はないんですが、ただ出かける口実が欲しかっただけかも。

とにかく、そんな感じで3時間ほど勉強をしていたのですが、図書館は5時に閉館するので、それより前に出ていって、勉強続けられるところがないかを探そうとしました。
が、当てにしていたスターバックスは土曜日は5時で閉店・・・流石オーストラリア。喫茶店といえども休日に長々店を開けてるはずがなかった。

しかし、なんだかそのままストレートで帰る気にもならなかったので、とりあえずまだ行ったことのないクイーン・ビクトリア・ビルディング、通称QVBに行ってみることにしました。


こちらがQVB外観。1898年に建てられ、当時はコンサートホールだったそうですが、今はショッピングモールになっています。
こちらも、ハーバーブリッジ、オペラハウスと並ぶシドニーシティの代表的な観光名所。何故今まで行ってなかったのか不思議です。


こちらは建物中央のホール。
近代的な建築デザインで、こういうのが大好きな自分としては非常にそそられます。


ショッピングモールとは思えない優雅さ。宮殿のようです。


しかし、ホールから出て廊下に出ると、様々なお店が立ち並ぶショッピングモールになっています。
この通路も実に上品なデザイン。適当にぶらぶらしているだけでも楽しめそう。


1階からG階を見下ろしてみる。床のタイルも綺麗です。
土曜日の夕方ということもあって、ほとんどのお店が閉まっていて人通りもまばらだったのですが、お昼の間に行ったらもっと楽しそう。


エスカレーター。
建物の近代的なデザインと、エスカレーターのガラス張りの現代的なデザインの対比がまたおもしろいです。


ショッピングモール天井。実はガラス張りになっています。
外にQVBの尖塔が見える。


くまなく足を運んでみると、何やらこんな看板が。
ちょうどこの日からTOY&HOBBY EXPOというものが始まっていたようです。ヘリ、汽車はいいとして、ガンダムがいるのがなんだかミスマッチ・・・。


とはいえ、EXPOと言っても特別な会場が用意されているわけでもなく、廊下に展示用のショーケースがまばらに置いてあっただけ。なんだか思ったよりもショボくてアレでしたが、それでもおもしろい物を沢山見ることができました。
こちらは汽車のおもちゃ。

S中世の騎士の人形でしょうか。中世大好きです。


大きいジオラマ。
電車が絶えず走っています。なんだか子供の頃に戻ったような錯覚をしますね。


なんとタミヤのリモコンカーも展示。RCといえばタミヤですからね・・・。
こんなところで日本のモノを見ることができるのはなんだかちょっと嬉しいです。


そしてこの数々のガンプラ。
看板にあったユニコーンガンダムは展示されてなかったですが、初代からAGEまでいろんなガンプラが展示されていました。しかし、微妙にチョイスが渋いような気がする。


そしてガンプラを作ろうのコーナー。
時間は過ぎてたのでどんなものかを見れなかったのが残念ですが、オーストラリアの人たちに日本のガンプラを作ってもらうっていう機会があるのはいいものですね。
でも、多分ユニコーンガンダムは組むの凄く難しい気がする。

他にもレゴブロックの展示やミニ四駆のレーシングサーキットもあったようなのですが、時間が過ぎていたのか黒い幕をかけられていて見ることができず。残念。
しかし、QVBの建物のデザインといろんなおもちゃ、2つを楽しめてなかなか刺激的でした。
ここで買い物ができるようになれば一人前なんだろうけどな・・・。


そんなわけで帰宅の途につこうとしたのですが、まぁいつもどおりの光景なのですが、土日は夜の7~8時になると、駅がこんなにガラガラになります。一応シティの中心部に位置するマーティンプレイスという駅なのですが。
東京じゃこんなの考えられませんね。土曜日なんかはなおさら終電まで人ごみで溢れますし。この辺も日本とは大きな違いでしょう。

以上です。
明日はテスト・・・いい点取れるように頑張ります。

豪州滞在記:78日目~クルーズパーティー

今日は金曜日のレポです。
前々から言ってる通りですが、金曜日は午前放課なのです。なので、今日(金曜日)卒業(しかも当日夜出発)の友達+αといっしょに昼ごはんを食べて来ました。表題はクルーズパーティーですがこっちも大事です。

とりあえず海鮮系の何かを求めてボンダイビーチの近くまで繰り出した俺たちは、通りすがりにいくつかお店をピックアップしていっていましたが、その中でイタリアンのお店を発見。メニューを見ていたら、お店の人に話しかけられて「サービスするよ!」と猛プッシュを喰らいました。
他のみんなが「どこでもいいよ」というムードだったので、「じゃここにしよう!」という風に適当に決めましたが、どうやら当たりだったようです。


メインの前のトースト。
ガーリックソースとチリソースが一緒に出てきて、それをつけて食べる感じです。
カリカリでオイシイ。チリをつけるとなお良い感じです。


自分は海鮮スパゲティを頼みました。
値は20$とかなり張るものの、食べてみたら絶品。見ての通り具だくさんでひとつひとつがとても大きく、ソースに海鮮のダシが効いててとってもおいしく食べられました。やはり海鮮はいい。
別のものを頼んだ友達も「今度はそれにするわ」と言ってました。


食後に出てきたコーヒー。トーストとコレも含んでの20$だったようです。
お店の人も気さくで、まったりと楽しいランチを楽しめました。ぜひまた行きたい。

その後はボンダイビーチに行きました。
この日はなんと34℃という異常気象で、浜辺も海水浴客でごったがえし。海に足をつけたらさぞかし気持ちいいと思っていたのですが、いざ入ってみると氷水のように冷たい。やはりまだまだ暦の上では春なんですな・・・。にも関わらず全力で海水浴を楽しんでいるあいつらは一体何なんだ。

それから適当に浜辺に座り込んで小一時間ほどだべった後、時間も差し迫ってきたので、卒業した友達を見送って、一旦家に帰りました。

で、夜は表題にある通りクルーズパーティーです。
6時頃にボンダイジャンクション駅に集合した俺たちは、電車でタウンホールまで向かい、それから本来の集合場所であるピアモント埠頭までやってきました。


前の日記でも書きましたが、夜のシティは綺麗ですねぇ。
向こう側にはおそらく使われていないであろう帆船も見えます。


しばらくして、自分たちが乗り込む予定のフェリーがやってきました。
参加者140人+αくらいだったんですが、思ったよりも船が小さくて大丈夫かこれ・・・と思っていましたが、みんな見晴らしのいい上階に行くもので、中は結構スッキリ。


こちらが船の中。
パブのような内装です。というか、実際パブになってました。
適当に飲み物を注文したタイミングで船が出港。4時間のパーティーです。


こちらはパーティーで出された食べ物(の一部)。健康的。
できればピザとか欲しかった・・・。


海の上から眺めるシティの風景はさらにいいものがあります。
水面に反射する街の光がステキです。


こちらはハーバーブリッジ。
ライトアップされて綺麗です。前の日記でも書いてますが。


こちらは夜のオペラハウス。
特徴的な形の屋根が下からの光に照らされてなんともムーディー。

そんなこんなで外の景色を見たり友達と喋ったり物を食べたりして楽しんでいたのですが、ここでまさかの雨が。なんという最高のタイミング。外にいたみんなが中に一斉に避難してきて、あわやすし詰め状態です。


そんな中でもみんな陽気にDJのプレイに合わせてダンスを楽しんでました。もちろん自分含めて。
人口密度と雨の湿気で超蒸し暑かったですが、楽しかったです。
周りを見てみると酒酔いなのか船酔いなのか潰れている人や、このパーティーでカップルになった2人組みなんかもいたり・・・。

そして11時頃同じくピアモントに戻ってきました。
この頃には雨脚が相当強くなっていて、まるでシャワーのようでした・・・。傘を持ってきていなかったので、びしょ濡れになりながら駅まで避難してやっとの思いで帰って来ました。やれやれ。

ちなみに、理由はわかりませんがシドニーの駅は深夜(11時頃?)になると、改札が完全にオープンして、電車にタダ乗りできるようになります。これでいいのかシティレール。

最近は勉強ばかりで刺激的なことがあんましなかっただけに、パーティーで心の洗濯ができました。
しかし、来週は火曜日にテストがあるのです・・・ひええ。
次の日記は土曜日に出かけた図書館とクイーン・ビクトリア・ビルディングの話になると思います。

豪州滞在記:74日目~英語の勉強の仕方について~リスニング編

最近日記書くのを大分サボってしまってますね。
今日はちょっと自分が毎日どんな感じで英語を身につけようとしてるかを、特に日本人の弱いリスニングに絞って書いてみることにします。自分の場合は、ラジオを聞く、TEDを見る、映画を見る、というような感じで鍛えてます。

1:ラジオを聞く
ラジオを聞くなら当然現地のラジオがいいでしょう。特にオーストラリア英語は発音がイギリス・アメリカ英語と違ったり(Todayがトゥダイになるなど)、独特の言い回しがあったり(Thank youに対してNo worriesと返すなど)、とにかくクセの強いものなので、少しでも発音や言い回しに慣れておきたいところ。ということで自分はABC(オーストラリア放送協会)のラジオを最近のBGMとして聞いています。
最近は便利なもので、ABCラジオのアプリをスマホでDLできます。ただ、ストリーミングで聞くと通信費がバカにならないので、基本的には家の中のWi-Fiを使って聞いています。ラジオの音声データをDLできたりすると便利なんですが・・・。

2:TEDを聞く
最近話題に上がること多いですねぇTED。何がいいかというと、英語の勉強にもなるし、各プレゼンから得られる情報もなかなか有用なものがあったりすることです。特に個人的にはSimon Sinekという人の「How great leaders inspire action」というプレゼンをオススメします。他の人と比べてメチャクチャ聞き取りやすい(自分でも単語レベルで何を言っているのか殆ど理解できる)し、内容も「何をやるかではなく、何故やるのかが重要である」ということを実例を挙げて説明してくれる興味深いものになっています。
こちらもスマホ用アプリがあります。さらに音声・映像をDLすることができ、それぞれの長さも20分程度なので、自分は通学中によく聞いています。

あと、上の2つで共通して言えることですが、音声のシャドウイングをしてみるといいと思います。シャドウイングというのは、聞こえた英語の音声を後を追って音読してみることで、その音声をホントに聞き取れているかの確認になるし、ネイティブのスピードに頑張ってついていこうとするためのスピーキングのトレーニングにもなります。

3:映画を見る
これは日本でやってる人も多いでしょう。まずは字幕(もちろん英語)付きで見てみて、それからおおまかに理解したら字幕なしで見てみるやり方です。さすがに英語に慣れてきたのか、普通の映画の字幕程度の長さの文章なら一瞬で読めるようになりました。特にPIXARなどのアニメ作品はそれほど難しい単語が出てくることはないし(固有名詞は多いけど)、内容も割と分かりやすいものが多いし、好んで見ています。

おまけ:街中の会話を聞く
周りはもちろんオーストラリア人ばかりですから、歩いている時に近くの人の会話に耳を傾けてみると結構面白いかもしれません。若い人たちが好んで使う言い回しなんかも勉強できたりします。

リスニングはこんな感じです。暇だったら単語・文法編も書くかもしれません。
あと、リスニング・スピーキングについて「こんなやり方もあるよ」みたいなのがあったら教えていただければ幸いでございます。

Page Top