Home > Archives > 2013年11月

2013年11月

I/O/P EXTENDED | NIIGATA 2013に出演します

I/O/P EXTENDED | NIIGATA 2013

さて、これ系の告知は久しぶりですね。イオシスのD.wattさんが主宰するEDM(Electric Dempa Music)系クラブイベント「I/O/P」の拡張版が、なんとこの11月30日に新潟市にて開催されます。(フライヤーに日曜日って書いてありますが正しくは土曜日です)
そしてそこに私がVJとして出演することになりました。舞台が新潟ということで、故郷への遠征に胸が高ぶるのが半分、VJなんて2年ぶりくらいなのでちゃんとやりかた思い出せるかどうかという不安が半分ですが、せっかくなので楽しんで来ようと思います。
そして今回のゲストDJは同じく新潟県出身のC.H.Sのt+pazoliteさん。今や日本を代表するハードコア勢と言ってもよいでしょう。エキサイティングなパーティになること間違いなしなので、新潟勢の方&遠征勢の方はぜひ最後まで楽しみましょう。

それよりもイベント終了後に新潟の美味いメシを食うのが楽しみだな~。
2年前に新潟遠征した時もそれは大層美味いへぎそばと刺し身とタレカツ丼を食ったからな~。

紅楼夢遠征旅行・京都編2

すでに紅楼夢遠征から1ヶ月経とうとしています。
とっとと日記書くの終わらせないと・・・。

さて、前回の続きです。
伏見稲荷大社を見終わったあとは、一旦京都駅に戻って駅ビルで昼食をとりました。
何食べたっけ・・・。

で、昼食を食べながら、次の目的地はどこにしようか・・・と考えていたのですが、どうせだから今まで行ったことのない場所に行ってみよう!と思い、銀閣寺に行くことにしました。

京都駅のバスターミナルから銀閣寺方面行きのバスに乗り込み、およそ40分程度でしょうか。思った以上に時間がかかりましたが、4時頃に銀閣寺に到着しました。

銀閣寺の門
こちらが銀閣寺の門です。ホントの名前は慈照寺と言うんですね。
この日は体育の日で祝日だったので、国旗が立てられていました。

庭園
入場料(?)を払い、門をくぐってみると、これはまた素敵な庭園が姿を現しました。
こぢんまりとしていて多くを主張しないけど、調和と均整のとれている風景です。

枯れ山水
枯れ山水・・・と言うんでしたっけ。きれいな模様を描くように整えられています。

山
なんか大きく砂利が積まれた山が。

枯れ山水2
見事なものです。

銀閣寺
で、こちらが銀閣寺。行ったことはなくとも誰もが歴史の教科書などで目にしているはずです。
こうして見ると、思ったよりも小さいんですねぇ。

八幡神
そういえば境内にこんなこぢんまりとした社があったんですが、宗教的にどうなんですかね・・・。

銀閣と池
銀閣と池。ちょっと角度が悪いですが。

小さい橋を渡って
境内の散策に行きます。小さい橋を渡って山の方に向かいます。

池
池です。風流ですねぇ。

おさいせん
ある池にはたくさんの小銭が投げ入れられていました。お賽銭でしょうか。

いい眺め

階段
山を登ってみます。といってもすごく小さいので山登りと言えるほどではないですが。

山道
こんなかんじの坂を登っていきます。

山の上から銀閣を
山の上から銀閣寺を見下ろす。美しい。

茶店
お寺を出たところにはおみやげ屋さんとこんな感じの茶店がありました。
ここでゆっくりお茶でも飲んで行きたかったんですが、時間も限られていたので泣く泣く見送ります。

いや、良かったです。銀閣寺。
イメージ的にはガッカリスポットと思い込んでいたのですが、思った以上に綺麗な庭園や自然を楽しむことができました。

銀閣寺しゅー
そういえば銀閣寺からバス停までの道のりで、名物らしいシュークリーム屋さんがあったので、1つ買ってみました。

カスタードクリーム
おいしゅうございました。

うさぎのさかあがり
個人的に気になったお店。うさぎグッズのお店のようです。手ぬぐい、キーホルダー、置物など、さまざまなグッズがありましたが、ぜんぶうさぎです。

うさぎ
かわいい。
店内を見るだけでも楽しめるので、銀閣観光ついでに入ってみてはいかがでしょう。

祇園のローソン
その後はバスに乗って、今度は祇園で降りてみました。時間はおよそ5時半。陽も落ちる頃です。
バス停前にローソンがあったのですが、なんだかすごく和風な感じの外装で、ローソンのイメージカラーの青も使われていないので、一瞬別のお店かと思ってしまいました。
京都では伝統的な建築物との調和を図るために、チェーン店などの外装も地味な色にされていると聞いたことがあります。

八坂神社
祇園での目的地はここ八坂神社。真っ赤な建物が素敵です。

ちいさい社
境内には本殿(?)の他にもこんな感じの小さい社がいくつかありました。

八坂神社
こちらが本殿(?)です。立派な建物です。
手前には3つの鈴とお賽銭箱が。やはり多くのお客さんで賑わっていました。

思わず背筋が伸びる
自分も列に並んでお参りをしてきました。

八坂神社の祭神ここ八坂神社では、日本の神話でも有名なスサノオとクシナダヒメ、そして八柱の御子神が祀られています。

すごい数だ
陽も落ちて、たくさんのちょうちんが辺りを照らしています。

またしても信仰を高めたところで、時間もなくなってきたので、3度バスに乗って、京都駅まで戻ります。
そして何気に前々から気にはなっていた京都タワーに登ってみることにしました。

ろうそくのような外観
7時頃、京都駅に到着。なんだかろうそくのような外観ですね。
地上131mと高さはそれほど高くはないのですが、建物の高さ制限のある京都市ではこれが一番高い建物です。
なんとこの京都タワー、一切鉄骨が使われていないそうです。鉄骨を使わない塔としては世界一の高さだそうです。

京都市を眺める
いざ展望台まで登ってみると、おぉ、思った以上に眺めがいい。やはり他の建物の高さが低く作られているせいでしょうか。
むしろこれくらいの高さの方が、高さを実感できていいのかもしれません。スカイツリーに登った時はあまりに高すぎて、下の風景がジオラマに見えて現実感がなかったほどなので。

京都駅を見下ろす
京都駅を見下ろしてみる。あれだけ巨大だと思っていた京都駅も見下ろすとこんなものです。

控えめな京都の街の明かり
やはり大阪と比べると街の明かりは控えめですね。

たわわちゃん
京都タワーのマスコットのたわわちゃん。そのクレーンゲームがありました。
このキャラデザイン、結構好きかもしれない。

さて、そろそろ帰りのバスの時間が近づいてきました。最後に京都駅をもう一度ぐるっと回ってみて、今回の観光を終えようと思いました。

階段が派手だ
まず例の大階段に向かったのですが、おぉ、なんと階段がライトアップされている。
時期的にはハロウィンが近かったので、それにちなんだアニメーションが階段のライトで映しだされていました。綺麗です。

ハッピーハロウィン
ハッピーハロウィン。

蜘蛛の巣
空中回廊から階段を見下ろす。ここからだと階段がよく見えます。蜘蛛の巣のアニメーションですね。

肝試し大会
空中回廊は足元のライト以外は真っ暗。ここで肝試しができそうです。

さらば京都
その後は、おみやげ屋さんでおみやげを買い、ロッカーに預けた荷物を回収して、喫茶店で時間を潰しました。
10時半頃、夜行バスターミナルに移動し、11時頃に京都を出発しました。

・・・そして翌日7時頃、東京駅付近のバスターミナルに到着。
この日は午前中は仕事せずに家でグースカ寝ることにしました。

いやーしかし楽しかった。多分3年ぶりくらいで久々の京都・大阪でしたが、今まで行ったことのないところにも行けて充実した休日でした。しかし、まだまだ行ってみたいところはたくさんあります。次は大阪だったら海遊館とかUSJとか行ってみたいなぁ。あとお好み焼き。京都は次はもう一度清水寺や三十三間堂に行ってみたいかな。
旅はいいものですね。特に自分の場合は無計画甚だしいので、どちらかというと一人旅の方が性に合っている気がします。一人旅ならその土地での誰かとの出会いも楽しむことができるし。
やはりオーストラリア以降、以前よりも旅をずっと楽しむことができている気がします。そしてまだ行ったことのない場所に旅してみたいという気持ちがとても高まっています。今回はイベントついでの観光でしたが、何かにかこつけずとも、いろんな場所に足を運びたいものです。
次は仙台あたり行ってみたいなぁ。あとは大阪よりも西のほう・・・神戸や岡山、広島とか、何気に四国も楽しそうだなぁ。
しかし、そのためには頑張って仕事してお金を貯めないと・・・。精進あるのみです。

紅楼夢遠征旅行・京都編1

日記を分けたにもかかわらず前回から10日も経過してるってどういうことなの。
おまたせしました。今回は関西旅行京都編です。
ただ、京都旅行の前半で写真を大量に撮り過ぎた感があるので、京都編は前後編に分けたいと思います。

9時半頃、大阪駅を出発。特別急行で京都まで向かいます。
およそ1時間程度で京都に到着。

朝の京都駅
10時半頃、京都駅にやってきました。
実は個人的に京都駅の構内のデザインが非常に好きで、ここに来ること自体を結構楽しみにしていました。とても開放感のあるデザインが素敵ですよね。

京都駅大階段
京都駅といえばこの大階段。しかし誰も自力で登ろうとはしない。なにしろ長いしこの階段。

大階段の上
階段の上から京都駅を見下ろします。この日も実にいい天気で観光には持ってこいでした。

空中回廊
空中回廊。ここから眺める京都のパノラマがとても綺麗でした。

京都の街パノラマ
特徴的な形をした京都タワーがすぐそこに見えますね。

空中回廊から下を見下ろす
下を覗くと結構な高さ。高所恐怖症の人はあまり下は見ないほうがいいかもしれない。

まるで教会のような
回廊を抜けてエスカレーターを降りると、こぢんまりとした広場にやってきました。

あの鐘を鳴らすのはあなた
鐘もあります。もしかしてここで結婚式とかもできるのかなぁ。

びっしり
すごい情報量だ。

で、とりあえず駅を一周したところで次の目的地をどうしようか考えたのですが、まずは久しぶりにお稲荷さんに行ってみることにしました。

見事な大鳥居
11時半頃、やってきました伏見稲荷大社。京都駅から3駅くらい?さらに最寄りの稲荷駅の真正面にあるので、アクセスは極めて良好です。

おさいせん
まずはお賽銭を入れてお参りをします。この日も非常にたくさんの参拝客で賑わっていました。

いくぞー
そして早速行ってきます千本鳥居。鮮やかな赤のトンネルが眩しい。ここから稲荷山の山頂を目指すお参りが始まります。

千本鳥居千本鳥居という名ですが、こうして実際に参道に設置されている鳥居の数は3000本ほど、そして各所に奉納されている小さい鳥居の数も含めればゆうに1万本にもなると言われています。

先が見えない・・・
まるで異世界の入り口のような、畏敬の念を感じさせる光景です。

カメェー
参道の途中にあった池にはカメの姿も。見えにくいですがちょうど真ん中にいるのがわかるでしょうか。

本当に多かった
山頂までの道のりにはこうして小さいお社がいくつも点在しています。

ミニ鳥居
そしてこうして小さい鳥居も納められているのですね。

階段が・・・
少しずつ道のりが険しくなってきました。基本的には鳥居のお陰で日陰ではあるものの、軽い登山でもあるわけなので、水分はなるべくこまめに補給したほうがいいと思われます。

ゼェゼェ
しかし、さすがに1時間以上も上り坂を歩くと疲れますね・・・。

ついたー
そして12時半頃、稲荷山の頂上にたどり着きました。
頂上にもこんな感じの小さめのお社がありました。無事に登頂できたことを感謝して、ここでもお賽銭をあげて参拝。疲れたなぁ・・・。しかし、これだけたくさんの鳥居を道中に建てた昔の人たちは凄い。

ちょっと休憩して、下山し始めます。上りと違って下りは楽だ。

COFFEE
途中でこんなこじゃれた休憩所を見つけたので、ここで一杯しばいてきました。

おいしゅうございました
アイスコーヒーと柚子ケーキ。輪切りの柚子がそのまま生地に練りこまれているのが面白いですね。
しかし、観光の名所とあり外国人もとても多い。この休憩所でも外国の女学生らしき一団が英語でおしゃべりしていたので、リスニングの練習がてらちょっと盗み聞きしてました。

にゃん
この伏見稲荷大社はネコの楽園でもあると噂で聞きます。残念ながら道中ではほとんどネコを見ることはなかったのですが、1匹だけ日陰で気持よさそうに昼寝してるネコを見かけました。かわいい。

キラキラ
聖母観音の金塗りの見事な像。

1時半頃、ようやく伏見稲荷の入り口まで戻ってきました。一番最初に行っといてよかった・・・。もしこれが後の方に回ってたら、もしかすると頂上まで行く前に力尽きていたかもしれません。しかし、これも噂によると夕方の伏見稲荷は超怖いということで、それはそれで見てみたいものがあります。
伏見稲荷で信仰を高めてきたところで、京都駅に戻り、昼食がてら次の目的地をぼんやり考えていましたが、よし、何気に今まで行ったことのない銀閣寺に行ってみよう、と思いました。
次回、京都編その2、銀閣・祇園編です。なるべく早めに書きますのでお楽しみに。

このサイトのコンテンツを視聴するには、最新版のFlashPlayerが必要です。

Adobe Flash Playerを入手

Page Top